人気ブログランキング |

里のいきものたち

 下の子と、「滋賀県立朽木いきものふれあいの里」に行ってきた。京都の市街地から1時間半くらいだったか。走っていて気持ちのよい道で、ドライブとしてもなかなか。人気のある施設らしく、センター前の芝生はけっこう賑わっていた。
 里山に入っていくと、人影は急にまばらになる。しばらく行くと、林のなかのちょっとしたくぼみが、明るい池になっていた。誰もいない。「モリアオガエルの池」という札が立っていたが、それらしい姿はなかった。眼を凝らすと、泥と同じ色をした魚が、底に腹を接するようにしているのが見えた。ヨシノボリの仲間だろうか。指先を澄み渡った水面に浸けると、確かめるように寄ってきて、食べ物でないことが判るや、泥煙を巻き起こして逃げ去るのだった。
 明るい黄土色の底に黒いものが落ちているのは、その大半が枯れ枝やまつぼっくりだが、中にはイモリもいる。時々、その腹の赤い文様が視野の片隅に翻る。眼に入る範囲だけでも7匹くらいはいた。底でまどろんでいる者。水面あたりで芒としている者。なんだか中途半端に斜めになって揺れている者。愛嬌のある姿とのんびりした佇まいに子どもは大喜びである。熱心にその姿を帳面に写していた。イモリはといえば、ゆらゆらと、桟橋から水面を覗き込んでいる子どもの眼の直ぐ下に来ても、暇そうに手足を動かすくらいで、動じる様子はない。
 イモリは両生類だから、背骨と手足のある生き物としては、かなり初期形というか大先輩である。その後出てきた凝り過ぎの生き物に比べると、なにか祖形がむき出しになっているような、生き物相手に変な言い方だけれど古拙な味わいすら感じられるような気がした。手足の、素直に伸びた指が美しく思われた。

 生命というものは、こんなところでこんなふうにしてもいるのだ、という、当然過ぎることに改めて思い至る。変に擬人化するのは嫌だけれど、人間だって変に賢しらだってはいるものの、一脊椎動物種に過ぎないではないか。一個の生を生きる生物であることには変わりがない。などと、だんだん抹香臭い気分にもなってくるのだった。この愛らしい両生類の眼には、世界はどのように映っているのか。彼らはどのような時間を生きているのか。桟橋に腹這いになってそんなことを考えていると、眼球の下半分が、池そのものになってくるように思われた。
by kotoba1e | 2005-09-20 00:39 | 自然と景色
<< 地形を構想する Two billion Lig... >>