人気ブログランキング |

近況

■5月21日(金)
 午前中、呆然としてすごす。午後、いろいろあった気もするが思いだせない。
 夜、京都三条ラジオカフェへ、「2025年の京都」交流会へ。水族館関係の発言がもとで誘っていただいたのだった。平均年齢30歳くらいということで、若々しい大人の人々があつまったという感じ。みんななにかひとことありそうなおもしろそうな人々であった。西方神仏混交ぶろぐの若き僧侶、M輪さんとも「あれー」とか言って出くわした。京都は、人のつながりがただ拡散していくのではなくて、知ってる人がいろいろハブ的に入ったつながりが広がっていくのが面白い。「あ、その人よく知ってますよお」というような話が、あちこちで出ていたのだろう。 天若湖アートプロジェクトをまわして今年の宣伝をしたら、それに関わっていた美大生K波さんの、高校時代からのつきあいのお友だちも来られたりしていた。今年は必ず見にきて下さいね、という話しをした。その後場所を移して盛り上がったが、明日のことを考え早々に辞去。

■5月22日(土)
 昼から、NPO法人近畿水の塾の総会へ。最近あまり行けていないが、この会からは本当に多くのことを学んだ。理事長の福廣さん、病気をされてこの日が社会復帰一日目、ということだったが「医者からもうこれの許可は出とるんや」とお猪口を飲み干す仕草。安心しました。今日の懇親会に行けないのが残念ですが・・・。中村文明さんの多摩川源流についての後援、後ろ髪を引かれる思いで会場を後にし、近所のモスバーガーでNPO法人アート・プランまぜまぜの事業報告書の作成にいそしむ。総会は明日。
 夕方、京都のひとまち交流館でまぜまぜのさとう理事長と合流。総会資料の詳細を詰める。なんとか間に合った感じ。
 Macbook Pro 15.4inchが届いていた。

■5月23日(日)
 京都造形芸術大学のプロジェクトメンバーを連れて、天若湖と日吉ダムのフィールド見学へ。天気が心配だったが、やはり歩いていても飛ばされるような風になっていた。この日は日吉ダム周辺のいろいろな施設で、JC(青年会議所)の行事が行われていたらしく、背広を来た若めの人々がばうばうと練り歩いていた。だが屋外行事はさすがに中止らしく、「府民の森ひよし」の芝生広場に建設されていた舞台やテントは、あちこちで膝を折って、いまにも崩れ落ちそうになっていた。多くの人が走り回っては、仮説資材をはげましたり、ばらしたりしていたようだった。雨がそんなに強かった訳ではないが、吹き寄せられることでどれだ消耗するか、学習した思い。
 この夕方から、NPO法人アート・プランまぜまぜの総会。打ち上げに行って財布が空であることに気付く。どうやって家に帰ったかは定かでない。

■5月24(月)
 マンデープロジェクトと呼ばれる、一日使ってのワークショップ授業。教室全体を模造紙で被って白い世界(!)をつくり、そこに落書きを繰り広げるというもの。学生より自分が熱中した。アシスタントのS河邉くんの采配の妙もあって、えらくスムーズに進んだ。ありがたいことである。
 授業が終わってから、ビオトープネットワークのK和泉さんと密談。水族館計画について。26日の同会の総会のことを教えていただいた。そこでの話題提供を画策。

■5月25日(火)
 朝から6月14日(月)の課題「キープ・ザ・ドローン」について打合せ。アシスタントのS河邉くん、美術家の卵でベーシストのN塚さんとの3人。実際の音を出してのリハーサルも。S河邉くん、口琴の筋いい!
 その後、毎週火曜日の昼休みに精華大学の池まわりで、倍音(特に口琴?)を練習している人々がいるらしいとのことで、N塚さんと現地に行ってみた。現場ではよくわからないバンドが大音響を出しており、口琴をはじいてかそけき音を出している人の影はなかった。精華大学の学生達の熱気には、少々気圧された。元気だなあ。
 その後大学に戻り、添削系の課題を数件。
 夕方18:00からは、プロジェクトセンターの学生たちと、天若湖アートプロジェクトの湖面に灯す灯りの設計について打合せをした。みな「光の表情」に関心をもってくれていることがわかった。一皮むけた「あかり」になるかも。
by kotoba1e | 2010-05-26 01:19 | 日々のあれこれ
<< 近況 近況 >>