人気ブログランキング |

これからの清志郎

ワタラセから帰ってから、清志郎の死が実感としてやってきた。
一日になんどか、たまらない気持ちがやってくるのだった。
職場への道で、眼を真っ赤にしてしまっていたりするのだから恥ずかしい。
どうしてこんなに悲しいのかが、どうもよく分からない。
自分の中での清志郎の存在の大きさを、痛感した数日間だった。

あまりにも一面的な報道に腹を立てたりもした。
一方で心のこもった追悼文を見つけて涙したりもした。
昨日は菊池成孔氏の追悼文を読んで感動した。

今日はYouTubeで「アルカイダーズ」の映像を見つけて仰天した。
やってくれるなあ。
これからもまだまだ知らなかった清志郎に出会えそうだ。

もうすぐ「夏の十字架」が届く。
楽しみだ。
by kotoba1e | 2009-05-15 00:25 | 音楽のことなど
<< どたばたしているうちに WAP 2009 桐生/大間々 >>