人気ブログランキング |

またまた近況

■12月25日(木)
 授業はすでに終わっているが、学生への質疑に応えるため、投稿。Tさんより、巨椋池の地域的記憶を、当地の団地再生に活かせないか相談あり。突っ込めば相当面白い課題になりそう。
 その後、天若湖アートプロジェクトに関するミーティングのため、中京の「トレードマーク京都」へ。今年最後の集まりだが、遅かったり寒かったりで、そのまま解散となった。

■12月26日(金)
 流域の大学間のネットワークを作ろうということで、心当たりがあるというナカツカさんに、天若湖の資料を渡す。用事が済んでからは、瓜生山オーバートーン・アンサンブルのこれまでとこれからについて意見交換。
 カフェでiTunesを起動して、今年前半のソロ公演の録音を聴く。形の定まらない、古い録音であるが、今より遥かに冒険的な音の出し方をしていることに気づき、愕然とする。いつの間にこんなに保守的になったのか。来年はこの闊達さを、アンサンブルの中で取り戻さなくてはならないと思った。
 その後、詩人の山猫先生、歴史遺産のトコちゃん先生と合流し、「白河」で痛飲。山猫先生の最近のテーマである、「ふぬけ」について議論した。

■12月27日(土)
 日中は、大掃除の準備(だけ)に追われた、ような気がするが、具体的には何も進んでいない。夕方からは、東大路丸太町近くの、オーディオの哲人毛蟹氏のご実家で、さる会の忘年会。私は酒を持参しただけだったが、他の皆さんは食材を持ち込み、仕込みに励んでいらした。とてもおいしかった。
 その後、近所のジャズ喫茶でひとしきり議論。飲み過ぎたせいか、かなりラフな感じで議論をしてしまった。反省。

■12月28日(日)
 妻の実家に遊びにいっていた次男(小4)が帰ってきた。義父、義母と、我が家の全員で、とんかつ屋で昼食をとる。とんかつ屋のかつは、家で作るのとは違った、独特の爽やかさがあって、たまに食べるにはよいものだ。
 その後、河原町のジュンク堂書店と、寺町御池の民族楽器コイズミをはしご。長男の長根あきさん直伝のムックリと、次男の鉄口琴往復打撃術(これはエレキギター的にいうと、スウィープ・ピックングにあたるような高等テクニックである)が、店の人たちにかなり受けたようだった。彼らが将来どんな職につくかは全く判らないが、口琴プレイヤーとしては活躍していってもらえるのではないかと思った。口琴親父としてはうれしいかぎりである。
 ショーウインドウに展示されていたキルギスの口琴の鳴りが素晴らしかった。早くお金を作って買いに行きたいところである。
by kotoba1e | 2008-12-30 01:10 | 日々のあれこれ
<< あけましておめでとうございます この1年のライブの記録 >>