<   2014年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧

UOEの録音データ

昨年はやや壁に当たっている感がないでもなかったUOE(瓜生山オーバートーン・アンサンブル)だが、今年に入ってすぐやった心斎橋ウィルコムプラザでの演奏データを聴いて、新たなピークの訪れを感じている。
[PR]
by kotoba1e | 2014-01-30 00:21 | 喉歌入門記

なんとか一件

投稿中の原稿。なんとか一件目は採用が決まったようだ。いつもより少し高い焼酎を買って、一人で飲んでいる。仕事も少し進んだ。先日のライブの録音データも整ってきた。だからまあよしとしよう。
[PR]
by kotoba1e | 2014-01-30 00:18 | 日々のあれこれ

カネタタキ

五条のアンノウンパーラーでのカネタタキのライブ。いつもながらの繊細な音楽。会場で懐かしい人と会っていろんな気持ち。手元にtwitterがあったらどんなことを呟いていたろう。

カネタタキ
http://jun.my.coocan.jp/kanetataki/

「ゆるいけど厳密。端正だけど表情豊か。カネタタキの音楽はそういう美少女っぽさがある。おっさんだけど。」下村泰史
[PR]
by kotoba1e | 2014-01-25 01:26 | 音楽のことなど

なんとか投稿

なんとか投稿した。締切一日前。開放感に少しだけ浸る。
[PR]
by kotoba1e | 2014-01-24 13:12 | 日々のあれこれ

Facebook

昨日をもって,facebook上から完全に私の存在が消えたようである.
南無阿弥陀仏.
[PR]
by kotoba1e | 2014-01-22 10:55 | 日々のあれこれ

マーラー

なんとなく遠ざけてきたマーラーだが、子どもが交響曲全集を買ってきたので一緒に聴いている。とにかく長くて大編成という印象があり、そこから事大主義的な先入観があったのだが、むしろ繊細で爽やかなアンサンブルに良いところがあり驚いている。長さは時間を無化するために必要だったのだろう。
楽劇が散文だとしたら、この交響曲は詩なのだと思った。単にオーケストラを使い切るというのではなく、一個の完結した世界を音で作ろうとしている感じがある。
ただ子どもによればこのラトルの指揮はケレン味がありすぎるようだ。管のバランスの効いた使い方を思えばサバリッシュなんか聴いてみたい気がするが、子どもによると、ブルックナーなんかは振ってるけどマーラーはきいたことないなあ、とのことだった。今度調べてみよう。
[PR]
by kotoba1e | 2014-01-20 22:24 | 音楽のことなど

歩行について

今日も10km以上歩いた。だからどうということもないが。
先日のNHKスペシャルでは、歩くなどの運動負荷をかけながらの計算やしりとりなどは、良いボケ防止になるのだという。試してみたが、歩く邪魔にしかならないようだ。だいたい、7を引いていく計算なんて、東大に合格した頃の自分だってろくなスコアは出せなかったろうと思う。歩くときは歩くことに集中するのがよろしかろうと思う。
至近距離で眼を覗きこみあう経験について思い出したり考えたりして、少々堪らない感じになったりもした。歩いているといろいろなものごとが去来する。去来するままにするのがよろしかろうと思う。
[PR]
by kotoba1e | 2014-01-20 21:57 | 日々のあれこれ

歩行

一昨日、昨日、今日と五条まで歩いてみた。勿論歩きではあるが、脚がだるくなるようなことはなかった。驚いたのは、出町柳〜五条間のタイムが、昨日今日、全く同じ37分だったこと。ちょうど4キロのこの道を40分弱で歩くというのは相当なスピードだ。時速6kmくらいか。
[PR]
by kotoba1e | 2014-01-16 23:59 | 日々のあれこれ

査読

論文の査読作業が大変辛い。私の論文を読んでる人もそうなのだろうな。
[PR]
by kotoba1e | 2014-01-16 15:47 | ことばと表現

ナンバ歩き

今日は北白川〜六条河原町〜三条川端と、10km弱(確か出町柳〜五条が4kmくらいだったはず)は歩いたと思うがなんともない。ナンバ歩き、おそるべし。
前の職場で五条大橋から奈良の猿沢池まで歩くという会があったが、あの時は蹴って歩く歩行法をしていて脛を痛めた。この歩き方だったらどうだろう。今度試してみたい気がする。
[PR]
by kotoba1e | 2014-01-14 22:45 | 日々のあれこれ