<   2011年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

湖の息づかい

 (独)水資源機構日吉ダム管理所のサイトで「ダム諸量」が常時公開されているので、それを取り込んでグラフにしてみた。水位、貯水量、平均流入量(秒あたり)、平均放流量(秒あたり)、流域平均雨量のそれぞれを、データのある期間内の最大値を100%として表した。データは現在公表されている、2005年4月〜2011年6月の7年間のもの。天若湖アートプロジェクトの歴史にちょうど重なる期間である。
b0139835_1016698.jpg

 一瞥して気付くのは、その周期的な動きである。水位と貯水量の曲線は大きな周年リズムを見せる。毎年微妙な変化を見せるが基本的に似た上下動を繰り返す。日吉ダムでは、夏期には農業用水等を供給するためにどんどん放流して水位を下げ、台風や積雪を受けて秋以降水位を上昇させるという運転を行っている。そうした操作がこのグラフに現れている。

 一番上方をふらふらしているのが、水位。これは90%を割ることはほとんどない。しかし一番目立つ大きな変化を見せる貯水量と見比べると、増減のリズムを共有しながらその幅には大きな差があることに驚く。水位が少し減るだけで、貯水量は(期間の最大値に対して)30%程度にまで下がってしまう。ダム湖が下すぼまりの尖った容器であることが実感される。

 グラフ下部から鋭く立ち上がっているのが、流域平均雨量、平均流入量、平均放流量である。前2者は複雑な遅延を介すものの、直接的な強い関わりをもつ。それに対し放流量は一見似た挙動を示すものの、よく見るとだいぶその挙動は異なる。これは人間の意思が介在するダムの運転そのものなのである。いつどのように放流するかは、下流の治水安全性に直結する。先の周年リズムの中でその折々の判断が求められる。ゲート操作はある意味音楽的でもある。

 日吉ダム湖の数キロ上流には、世木ダムが堤体を残している。このダムはゲートを取り外されているので、その上流側の水位は、ダムを越流する高さに一定となる。それに対して下流の日吉ダム湖は周年的に運動し、その水位は大きく変動する。繋がった二つのダム湖は、それぞれの水際線まわりに、まったく異なった景観を見せる。

 ダムの運転は、自然と対話する形で行われる人為である。それが描き出すラインは、幾何学的な曲線・直線ではなく、心電図のような、規則性とノイズを併せ持った、繰り返しのようで二度と同じ形にはならない生き物めいたものになるのだった。

 ダムがゆっくりと見せるこの呼吸のような運動は、時折訪れるだけでは知覚しにくいが、これを時間の中で経験できるようにするにはどうしたらよいか。一つの案として音響作品化を検討しているところである。8月の天若湖アートプロジェクト2011本番までには、習作を一つ上げてみたい。

 今回プロットしたのは、2005年の途中からのデータであるが、その前年には台風23号による豪雨があり、おそらくダムは違った挙動を見せているはずである。1998年の供用開始時の様子も興味を引かれる。ひとつのダムの誕生から最期までを、こうしたデータから物語ることもできるのだろう。
[PR]
by kotoba1e | 2011-07-03 10:45 | まち・地域・場所