<   2011年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

天若湖の音を何故聴きたいのか

天若湖アートプロジェクトの一環として今年から始まる、湖面を活かす提案募集(いいタイトルないものか)へのエントリー案として構想中の、天若湖「音」プロジェクト。そのためのメモ。

単に水の中の音が聴きたいんじゃなくて、今の湖の呼吸音みたいなものを探り当てたいんだと思う。超長期のリズムみたいなものとか、ゲート操作による変動とか、自然の湖とは違った息吹があるはず。それを知覚可能にするにはどうしたらよいか。

去年天若湖に大量の流木が流れ込んだ後、ある時それらは一列になって湖を貫くように並び、ある時は両岸に沿うように分かれたりした。湖全体が巨大な唇のように運動していたよ。僕たちが聴きたいのは単なる水音ではないはずだ。潜在している湖の声なんだと思う。
[PR]
by kotoba1e | 2011-06-21 12:43 | まち・地域・場所

いやほんといろいろやってますよ

全然更新してませんが、いろいろやってます。
近所のぐるぐるかふぇでの朗読会(これは3月の素晴らしい第1回についてもちゃんと書けてなかったですね)のこと、天若湖アートプロジェクトのこと、アート・プランまぜまぜのフォーラムのこと、そしてなにより倍音のこと。そうだ法然院でばりばりに鳴らしまくったりもしたんだっけ・・・。
でもなんかツイッターで書くとなんかそれでいいような気持ちになってしまって、ずっとアップできていないんですね。
まあいろいろ、やっております。

そうだ、この前の朗読会では、水島英己さんの「博物館へ行く道で」を朗読したのだった。これはいい詩。声にして読んで改めてそう思った。国を超え、時を超えていくものと、このわたし。プライベートな経験が詩集「樂府 Folk song」の他の詩群と響きあって呼び出しているものがある。それは聴いてくれたお客さんにはわからないことなのかもしれないけど。

この数日は天若湖アートプロジェクトの準備にかかりっきり。それにいろんな日々の仕事が重なってきて、なかなか綱渡りの日々ではある。
[PR]
by kotoba1e | 2011-06-18 01:39 | 日々のあれこれ