<   2010年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

100625京都新聞『私論公論』再録

京都新聞 2010年6月25日金曜日 私論公論

新局面の京都水族館計画
市民とオープンな議論の場を

京都造形芸術大学准教授 下村泰史


 この5月14日、京都市はオリックス不動産(以下「オリックス」という)に対して、(仮称)京都水族館(以下「水族館」という)の設置許可を与えた。本紙の投書欄などでも多くの議論が交わされてきた水族館計画は、新たな局面を迎えることとなった。

 この水族館計画についての批判は多岐にわたるが、大きくは、⑴駐車場や鉄道水族館計画も含む、公園全体と地域の関わりの問題、⑵水族館を中心とした環境教育的展示・運営企画の問題、⑶民間企業による公園施設の設置運営に関する合意形成の問題、の三点に整理できるのではないかと思う。ここでは後二者を中心に考えてみたい。

 京都のまちなかに環境教育施設として水族館を建設することについて違和感を持つ人が多いようだが、京都のさまざま自然環境とその歴史的なりたち、そこでの保全活動などを紹介し、実際のフィールドに繋げていく「ビジターセンター」は有益だ。このようなフィールド連携の視点は、整備構想検討委員会(2008年12月答申)でも議論されている。

 だが、09年12月にオリックスによって発表された水族館計画「水紀行」には、京都の環境については表面的な記述しかなく、そうした議論を踏まえたものとは思えないものであった。事業者側の誠実性に疑問を感じざるを得なかったのは、私だけではあるまい。この計画については地元説明会こそ行われたものの、市民の意見を聴取する機会は設けられぬまま、先の設置許可に至っている。
 設置許可を決定する前に、市は検討委員会の元委員たちに、提出された計画の妥当性について意見を求めている。報道によれば、相当の苦言もあったと聞く。委員長だった森本幸裕京都大学教授は設置許可直後の5月16日、本紙において「森川里海連環の館」の理念を改めて論じ、オリックスの計画に一定の批判を加えている。これらの意見をどのように踏まえて許可の結論を出したのか、市は現時点では十分に明らかにしていない。

 これまでの市とオリックスの対応には問題が多いが、市民サイドにも、市とオリックスを一方的に指弾するような活動ばかりが目立った。中立的で冷静なコミュニケーションの場はこれまで生まれなかったのである。
 04年の都市公園法の改正によって、民間事業者に公園施設の設置運営への門戸が大きく開かれた。この水族館(オリックス)と東京の宮下公園(ナイキ)の事例は、この運用にあたっての市民的な合意形成のためのルールとマナーが整っていないことを示している。首長と企業の恣意でいかようにもなってしまうかのように見えるのだ。

 逆に言えば、梅小路公園再整備の過程で、民間事業者の参加についての市民的な合意を作り出す仕組みを作れれば、それは全国に先駆ける画期的な事例になるはずだ。
 現計画のままでは水族館も公園も中途半端なものになってしまう。作る以上は、京都に生きる人にとって意義あるものとしなくてはならない。そのためにオープンな議論ができる場を、市民セクターとの協働によって創設することを呼びかけたい。「森川里海連環」の理念を実現するには、フィールドからの視点と街に生きる人の声が不可欠なのだから。

 そうした場を通じてこそ、梅小路公園は京都市民にとって一層意義深いものとなっていくだろう


[PR]
by kotoba1e | 2010-06-26 23:01 | 梅小路水族館をめぐって

横断歩道に

b0139835_1793978.jpg

横断歩道に鳥たちが描いた
[PR]
by kotoba1e | 2010-06-25 17:09 | 日々のあれこれ

お見舞いと夕焼け

 子どもの頃よく遊びにいっていた伯母の容態がよくないということで、急遽横浜までお見舞いに行ってきた。結婚式に来てくれた時以来、ほとんど会うこともなかったのだが、三年程前に訪問した折りは、老けたものの往時の面影のままだった。それが今日は、すっかり変わってしまっていた。
 それでも僕のことは判ったようで、時折昔のようないたずらっぽい笑顔を見せるのだったが、そのまま動かなくなってしまったりもした。肝臓が悪いので、とても大儀そうだった。言葉を発するのも大変な様子だ。
 一緒に見舞った父母も老いた。若い人の死も悲しいが、生きてきた先にあるこうした衰えも、やはりなんとも言えない気持ちを引き起こす。生老病死という仏陀の言葉を思う。

 横浜から京都に帰ると、ちょうど日没の頃だった。恐ろしいほどの夕焼け。同時に空を見上げていた人も多かったようで、twitterにも京都の夕焼けについての言葉や写真がほとんど同時に溢れ出していた。ちょっと特別な夕焼けだったのだと思う。みんな一緒に空を見ていた。


@kyoto_khoomei



[PR]
by kotoba1e | 2010-06-25 00:02 | 日々のあれこれ

かみなり

ものすごい爆発音で飛び起きた。
しばらくしても、団地内にざわつきは起きなかったので、この中のことではなかったようだ。
Twitterを見ていたらどうやら落雷だったらしい。
すっかり目が覚めてしまった。
[PR]
by kotoba1e | 2010-06-16 03:08 | まち・地域・場所

なにか、はずれたかな

 昨日は大事な〆切があって、頑張って職場にいったのだが、着いてみると肝心の原稿と作業用のノーパソがない。
 慌てて家に帰って忘れ物を取って職場に戻ると、たまたま何かの用事で家に戻った妻から「玄関の鍵開いてたわよ(怒)!」とのメールが。
 相当疲れているのだろうか。今朝になってみると、「明かり付けっぱなしのまま寝てたから、4時にわたしが消したのよ」と言われた。
 今日は休もうと思う。昨日もいろいろ仕事増えたけど・・・。

 先日同僚が倒れた。その後の検査でやはり異常がみつかったらしく、これを書いているたった今、彼は心臓カテーテル手術を受けている。いろいろ心配な感じである。
[PR]
by kotoba1e | 2010-06-04 12:34 | 日々のあれこれ

かりん酒

b0139835_2352314.jpg



かりん酒できた!
赤い色がふしぎ。
いただきます。喉をいやすのである。

「喉にいいんですよ」
「うちよく作ってました」
って聞いたことがあった。

ちょっと氷砂糖を入れ過ぎたかな。甘い。
でもなんか「効く」感じするなあ。

ホーメイのともにしたいと思う。

iPhoneからのメール更新。手軽でいいです。
[PR]
by kotoba1e | 2010-06-02 23:52 | のみものだもの

疏水の蛍

■5月31日(月)
 終日のワークショップの後、家で食事。その後子ども2人を連れて近所の琵琶湖疏水へ。ほんださん情報のとおり、蛍がすごい。あと2週間くらいなのだろうか。何度か行っておこうと思う。季節の楽しみに事欠かない街である。
[PR]
by kotoba1e | 2010-06-01 23:43 | 自然と景色

近況

■5月26日(水)
 日中は奈良の某高校にご挨拶に。最近の進学状況等についていろいろ興味深いお話もうかがった。
 夜は、天若湖アートプロジェクト「おとな会議」。これまで関わってきて下さった。シニアクラスの方々にいろいろ意見をいただく会。この日はS井先生が来てくださった。基本コンセプトをきちんと明文化する第一歩になったのではないか思う。

■5月27日(木)
 溜まっているレポート添削に専念。夕刻詩人の山猫氏と「ぐるぐるかふぇ」へ。「いやぁ最近ダメですよぉ」などとうつむいているところに、M上さん、S口さんの二美人がやってきたことから唐突な盛り上がりを見せた。S方寺のM輪さんも来られた。
 M上さんはこの4月に京都に来たばかりで右も左もわからないんですぅということであったが、北インドの舞踊をやっているとか、ウズベキスタンにいたことがあるとか、まさにぐるぐるかふぇに来るために生まれてきたような方だったのでやたら盛り上がっていたようであった。締めは四川亭で担々麺。

■5月28日(金)
 午前。6月の授業のご挨拶で法然院へ。授業のことよりも梅小路公園のことの方が話題が多いというのはどうしたことか。同行して下さったオーディオ作家T村さんと一服。
 昼からは研究室会議。同僚の先生が倒れて騒然とした。その後の検査では特に問題ないとのことだったので少しほっとした。夜はまた別の会議で深夜まで。誕生日らしいところは一つもない46歳第1日目であった。

■5月29日(土)
 スクーリング「桂川流域誌」第1日目。天若湖を廻り、移築された古民家にて、アートプロジェクトについてさとうひさゑさんより講義。アシスタントのN塚さんより、チェリーさんのバンド「まねはね」のライブがあると聞き、帰りの足で磔磔へ。前座はひどかった。「まねはね」は切れ味鋭い音でパンク/ニューウェーブの感じもあった。若い人にはどう聞こえているのだろう。

■5月30日(日)
 同第2日目。亀岡が舞台。亀岡市文化資料館の黒川館長と、筏復活に賭ける船頭の河原林洋さんの講義。その後の保津川下りは、天候も壮快。水量にも恵まれ素晴らしいものだった。
[PR]
by kotoba1e | 2010-06-01 00:21 | 日々のあれこれ