<   2008年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

このごろ

■7月26日(土)
 ひとしきり資料を作ったあと、京都駅前の「キャンパスプラザ京都」で開催される「FDセミナー」を聴きに行く。その後寄るところもあったので、自転車で鴨川を下ったのだが、この日の暑さは異常だった。外に出るのをみな恐れてか、休日はいつも賑わっているこの側も閑散としていた。夢の中の風景のようである。
 「FD」とは、Faculty Developmentの略で、学校における授業というか学びというかそういうものを改善していく組織的な取り組みのことをいうらしい。これが義務化されたということがあって、大学の先生も研究第一教育二の次という訳には行かなくなってきたのである。それでこういう講座に出て、いろいろ勉強しないといけないのである。セミナーは予想に反して(?)ためになる内容であった。みんな悩みはおんなじなのである。
 その後、京町家朗読会「言鳴」へ。今回の朗読メンバーは基本的に「常連さん」が多かった。そんな中で、初出場のさとうひさゑさんの朗読は新鮮だった。淡々とした読みが、テキストそのものを際立たせていた。詩的な発見のある小さな物語、といった作風も、音が時間の上を運ばれていく「朗読」の場では活きたと思った。
 それと、tabでご一緒させていただいていた石川和広さんが来てくださったのはうれしかった。私は谷川の詩を読んだが、あまりいいものにはならなかった。それからホーメイを披露した。こちらはなかなか気持ちよく鳴った。ボルバンナディルのキレが格別であった。だからいいのである。
 その後近所の焼き鳥屋で打ち上げ。結局1時くらいまでいたのだろうか。その間中、ホーメイを鳴らしていた。「持病みたいなもんですね」という石川さんの言葉に思わず納得。

■7月27日(日)
 この日も朝からキャンパスプラザ京都である。9時からNPO法人森林再生支援センターの理事会、10時半からは総会。午後は「かしこい植樹・かしこい市民」と題されたシンポジウムであった。
 このシンポジウムの司会をやったのだが、暑さで頭が半分くらい溶けているので往生した。昨日の酒が残っていなかったのがせめてもの救いだ。
 議論の役割分担や進め方などは一切決めなかったので、すべて即興でリズムを創り出さなくては鳴らない。緊張する仕事ではあるが、なんとか議論を引き出すことはできたと思う。
 結構な重労働で、反省会(?)を終えて帰るとまた真夜中であった。

■7月28日(月)
 地元こども会のラジオ体操当番、天若湖関係の事務、レポートの添削、会議、左京区の助成事業の交付式への出席、子どもの送り迎えなど、例によってどたばたの一日だったが、一番印象的だったのは、雨だった。
 ちょうど昼から始まった雨で、街が「じゅう」といって冷えた気がした。そのままいろんなものが静かになった。こういう晩は眠りを大事にしたいので、酒は飲まないことにした。その替わりにホッピー(ビアテイスト清涼飲料)を2本買ってきた。最近の「リキュール類(発泡性)」よりずっと爽やかで美味しいと思う。
 明日は朝から日吉行きだ。早く起きて資料をまとめよう。
[PR]
by kotoba1e | 2008-07-28 22:15 | 日々のあれこれ

京都は暑い

 この「声と風景」を始めるにあたって、愚痴めいたことは書くまい、と肝に銘じたのであったが、これは多分すでに個人的な愚痴ではないと思うので書きますすいません。

 
あ〜つ〜い〜


 地球環境のせいだかなんだか知らないが、ちょっと暑すぎる。僕が子どもの頃は、30度を超えると暑い日、だったような気がする。夏でも30度を超えるとは限らなかったような気がする。
 それが、30度はごくごく普通にクリアすべき温度ということに今はなっていて、35度も普通になりつつある。路上のデジタル温度計はしばしば「40度」を示している。そういう日が夏のかなりの期間続く。
 もっとも一日中猛暑の中で立ち仕事をしている訳ではないのだが、一日に数度は熱波を白く放つ街中に出なくてはならない。あえぎながら街を行くとき、思考の相当部分は揮発してしまって、お遣い先に着いたときには、単なるバカに成り果てている。向うも大抵そうだから大事にはならないのだけれど。
 それにしても、こういう繰り言を毎年繰り返しているというのもどうなのかと思うが、毎年毎年暑くなっていっているのは、体感的には多くの人が共有している事実なのだろう。そして多くの人が、どんどん馬鹿になっている。冬に回復する人はどれだけいるのだろう。実は案外少ないのではないか。みんなだんだんぼーっとした、何もかもどうでもいい脳みそになっていっているのではないか。
 私の場合、一昨年くらいから夏の記憶が曖昧なのである。白くたちのぼる陽炎のようなものの思い出しかない。まわりの人に聞いてみると、結構そういう人は多そうなのである。
 35度を超える夏は、意識レベルを下げる。これは結構面白いものと出会うチャンスなのかもしれないが、恐ろしいことへの呼び水(?)になることもあるのかもしれない。
 抑制が解かれて善行をなす人は、たぶん少ない。包丁とかなどの危なっかしいものを持ち歩かないようにすることが、大切なように思う。
 口琴などは、多少意識レベルが落ちてきたときにこそ良く鳴るものであるから、なにかしでかしそうな予感のする人には、是非携行していただきたい。一歩誤って「喜ばれるバカ」になれること、ほぼ請け合いである。ホーメイまでやれば、ひとつの「できあがり」であろう。

 まあ、京都は暑いらしい。東京から出張で来ている先生も、「京都暑い〜」と言っていたから、やっぱりそうなのであろう。盆地は今、ポップコーンのお鍋のような状態だ。誰が最初に「はぜる」のか。願わくば、良く面白いはぜかたを見せてほしいと願うばかりである。
[PR]
by kotoba1e | 2008-07-24 00:30 | まち・地域・場所

一瞬の祇園祭

 昨日は午前中は企画書の作成に追われた。たいした分量ではないのだけれど、集中力が保たず、文脈が作れない。読点から読点まで書くと、もう別のことを考えてしまい、テキトーなサイトを見てしまう。あわてて戻って書き継ぐけれど、それがまとまった文になろうはずがない。まして、それを重ねてみても筋の通った文章にはならない。これも暑さのせいだろうと思う。なんとか一応意味のとおるものになったのが昼。
 そのまま職場に行き、「天若湖アートプロジェクト」のポスター30枚とチラス100枚くらいを引っ掴んで、街へ。大阪の会議に持って行って宣伝するのだが、その前に、祇園祭で賑わう街中に行っておきたい。街中は当然ながら自転車など乗れぬ人ごみである。ときおり泡立つ水分を補給したりしてよろけたりしつつ、「Trademark Kyoto」前の「アート・プランまぜまぜ」の露店へ到着。書家の馬淵幽明さんが、好きな漢字を団扇に書いてくれるのだが、これは素晴らしいもの。僕は子どもの名前(二人とも漢字一文字)をそれぞれ書いてもらった。僕が離れてからは、画家の高橋マリさんが団扇に似顔絵を書いてくれる、というのもあったらしい。このあたり、加藤わこさんのブログ「三度笠通信」に素晴らしい写真レポートがあるので、ご覧いただきたい。
 その後大慌てで北浜へ行き、19時くらいから会議。空き時間に持参したポスターとチラシを配って天若湖の宣伝を行った。関西のランドスケープ界の中堅どころが集まる会だったこともあり、水没集落の夜景再現という計画は結構好感触だった。会議は21時に終わり、飲み会を断ってまた京都へ。まぜまぜの仲間となんとか落ち会って乾杯。家に帰ったのは26時頃でした。
 祇園祭に直接関わる街の人とは、ぜんぜん違うところに生きているが、そういう者も祭りの一瞬の風に当てられたようになって、なんだかそれなりにハッピーである。ありがたいことである。

b0139835_23382570.jpg

[PR]
by kotoba1e | 2008-07-17 23:16 | まち・地域・場所

しののめゆ

 このところ休みのない日々だ。昨日の日曜も一日本業で動いていた。今日はひさびさに予定が入っていない日であったので、どっか大きな銭湯にでも行って、休憩室と風呂を何時間もかけて往復して・・・。と自堕落なことを考えていたのだったが、こういう日に限ってこまごまとした用事は入ってくるし、こまごまとした仕事ははかどるのであった。
 気がつくと夜の8時である。もうあまり遠くまで出かける気もしない。でもこのまま普通に忙しい日として終わるのは癪だったので、近所の銭湯に行った。
 左京区というところは、異様に銭湯が多い所である。特に一乗寺地区の銭湯濃度は凄まじいものがあって、ラーメン屋が居並ぶ東大路を北上していくと、交差点毎にその奥の方に銭湯ののれんが見えるのだ。これを地図にするとこうなる。これだけ銭湯があったら、各戸に風呂はいらないのではないか。
 今晩は一乗寺方面には上がらず、元田中の方に南下。いきつけの東雲湯へ行った。もうちょっとぬるかったらいいのになあ、などといいつつ、やや空いている湯船の中で手足を伸ばした。極楽。帰りにはビールを買って歩き酒である。これもまた極楽。叡山電車の線路沿いに腰をかけて、口琴を持ってくればよかった、と思った。口琴があったら昇天だろう。
 まあたぶんそんなに悪い一日ではなかったのだし、この調子でなら乗り切れるだろうと思う。明日に備えて、今日は寝ます。
[PR]
by kotoba1e | 2008-07-15 00:05 | まち・地域・場所

天若湖アートプロジェクト2008

「天若湖アートプロジェクト2008」の概要が、

http://plaza.rakuten.co.jp/amablo

にて発表されています。
ご覧下さい。
[PR]
by kotoba1e | 2008-07-10 07:46 | まち・地域・場所

シンプルに

 いろいろと用事が入り組んでいて、ここの更新もままならない。
 少しものごとをシンプルにしたいと思った。
 まずmixiをやめた。誘ってくださった方、マイミクのみなさんには失礼したが、なんとなく習慣的に覗いてしまうのが、自分ながら鬱陶しい。mixi経由の情報は貴重で多様なものだったが、それだけにそれに振り回されがちになってしまう。ということでやめました。
 それと、tabの執筆から降りさせていただいた。詩をつくることと、その公開のありかたについては、ゼロから考えたいと思う。

 次は何をやめようかな。
[PR]
by kotoba1e | 2008-07-04 10:07 | もろもろ感想