<   2008年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

北海道〜京都〜NPO

■5月23日(金)
 朝一で札幌に向けて出発。昼には新千歳空港に着くのだから飛行機って速い。午後は完成したモエレ沼公園を訪ねた。イサム・ノグチが大地に彫刻した作品と言われている。スケールを感じさせる排水等のディテイルは徹底的に隠されているので、距離感が不思議な感じ。ものすごく広いように感じられながら、それぞれの場所にはちょっとの苦労で辿り着くことができる。そして辿り着いたそれぞれの場所は、やっぱり特別な場所なのだった。巨大な築山よりも何よりも、斜めに置かれた長方形の面が一番すごいと思った。京都とはうって変わって冷たい風が吹いていた。まだ八重桜が咲いているのには驚いた。山の上の風は顔を向けていられないくらいだった。広いところで口琴をした。広さと風に抗うようにして鳴らした。

■5月24日(土)
 北海道2日目。昼一番で(社)日本造園学会の総会に出席。その後は翌日の研究発表会の進行の打ち合わせをした。夜はテキトーに過ごす。昨日と同様カプセルホテルで眠る。

■5月25日(日)
 研究発表会。造園に関する歴史・原論関係のセッションの司会進行をした。本当は不案内な分野なのだが、自分の関心に引きつけるようにしてなんとかこなしたつもり。だがやはり不勉強が恥ずかしく思われた。耳の肥えた聴衆には満足できる質疑応答タイムをつくりだすことはできていなかったろうと思う。反省。

■5月26日(月)
 8:30の飛行機で新千歳空港から伊丹に向かう。行きは巨大な飛行機だったが、今度はバスなみの可愛い機体だった。主翼の高さは人の肩ぐらいである。本当に伊丹まで辿り着けるのかと思ったが、空では堂に入った安定ぶりであった。空からみる山地の姿、河川の姿など、見飽きることがなかった。昼前には京都に辿り着いたが、その暑さにたじろいだ。午後は通信教育部の添削課題に専念。

5月27日(火)
 一回生向け接続教育科目「ことばと表現」の授業で、「後半句会」。これは作句は省略して、みんなで与えられた句について「選」を行い批評するというもの。用意した句は私の好みによるものだが、今年は意外な句に人気が集まった。「千の虫鳴く一匹の狂い鳴き」(三橋鷹女)。
 その後夕方からは、天若湖アートプロジェクトに参加する学生達のプロジェクト会議に参加、というか仕切りを行った。まだフィールドにも行っていないのだが、彼女たちが現時点でやりたいとうすぼんやりと感じていることを出してもらった。地域で焼かれている炭を使ったアートに関心が集中していた。ここから何か生まれるかもしれないという期待を抱かせるに十分なものだった。

■5月28日(水)
 白河総合支援学校のプールのコンバージョン企画「エデュトープ・プロジェクト」の会議があった。森脇校長、木山さん(京都大学大学院助教)、石田さん(アイ・プラスデザイン、京都造形芸術大学非常勤講師)のやりとりの中で、がんがん具体的になっていくのはかなりスリリングな体験。この日は生徒会役員のみんなも参加してくれたが、いい感じである。
 この日、44歳になった。少し飲んで寝る。

■5月29日(木)
 午前中はゼミで担当の学生と四方山話。午後は3回生の演習。一日中ほぼ立ちっぱなしの授業であった。夜は添削の続き。なんとか終わらせてぐったり。死んだように眠る。

■5月30日(金)
 午後から3回生の第1課題「美しい里をつくる:大原」の合評だった。課題担当者として学生達がどれだけのものを見出し、つくり、形にしたか、そこから何を学んだかがとても気になったが、良い作品が多くうれしかった。グラフィカルな完成度は来週までに上げておくこと!
 夜はNPO法人「アート・プランまぜまぜ」の総会。こじんまりした会だったが、これからの展望が少し見えてきた感じがした。第2期まぜまぜのスタートラインに立ったということだろうか。

■5月31日(土)
 NPO法人「近畿水の塾」の総会に出席。総会後の記念講演は、高瀬川べりで樽屋さんを営んでおられる、淀川水系流域委員会委員長の宮本博司さんのお話だった。詳しい内容についてはまた改めて書いてみたいが、琵琶湖淀川がどうあるべきか、ということについての真摯な情熱が溢れるお話には、強く動かされるところがあった。
 足の筋を痛めていた子どもの繃帯が取れた。松葉杖ともおさらばである。よかった。
[PR]
by kotoba1e | 2008-05-31 23:24 | 日々のあれこれ

蛍と口琴と歩き酒の夕べ

■5月21日(水)
 宿題は膨大に残っているが、昨日までのハードスケジュールから解放されてやや気楽な一日だった。午前中はゼミで瓜生山の毎木調査を行った。今週末は学会の研究発表の座長をやることになっているので、午後は発表される論文を読みつつ戦略を立てた。
 大学近所の琵琶湖疏水に蛍が出るようだ、というので、夕方にさとうさんが出てくるという。待ち合せ場所のあたりをぶらぶらしていると、先日一緒に口琴ワークショップをやったほんださとるさん(ナウーシニク・デザイン)とばったり。3人で観蛍会である。
 佳い日本酒を少しずついただきながら、ベトナム口琴のかそけき響きを楽しみつつ、蛍を愛でるという、大変贅沢な晩となった。ベトナム口琴は決して大きな音は出ないが、誰でも簡単に鳴らせて、しかも音色が美しい。お互いの音色に耳を澄ましながらつま弾いていると、あっという間に気持ちよくなってくる。
 出現数をカウントしているおじさんがいたので聞いてみたら、ここの疏水の蛍については、市民による広域調査「ホタルダス」に参加しているとのことだった。蛍が暮らせるように、地元の人たちもいろんな工夫をしているようだった。疏水のこの区間に蛍が出るのが知られるようになったのは昨年だが、それも地元の人たちの努力の賜物だったようだ。
[PR]
by kotoba1e | 2008-05-22 00:00 | 喉歌入門記

天若湖アートプロジェクト2008準備

5月19日(月)
 朝7時台から研究室に入り込んで、2007年度イベントの報告書を増刷。その足でさとうひさゑさん(NPO法人アート・プランまぜまぜ理事長)、石田知紀さん(ランドスケープ・デザイナー)と、南丹市日吉町の日吉ダム管理所へ。今年のイベントの計画について説明、取り組み体制等について打ち合わせた。
 午後は亀岡市文化資料館の黒川館長と合流し、南丹市企画推進課、南丹市日吉町郷土資料館の2ヶ所を廻って打ち合わせ。今年もいい感じで仕事が進められそうだ。
 混雑する国道9号線を通って京都に戻るともう18:00。19:00からは京都造形芸術大学のロビーで、天若湖アートプロジェクト本の出版計画について、キョートット出版の小川恭平さんと打ち合わせ。本のコンセプトをもっとはっきりさせる必要を認識した。造本についていいアイディアが出て盛り上がった。いい感じである。
 子どもが寝ることになんとか帰宅。亀岡で買った地酒を2合ほどいただいて、床に入った。

http://plaza.rakuten.co.jp/amablo/
[PR]
by kotoba1e | 2008-05-20 11:45 | N・P・O

大学院研究発表会&森の喫茶店&等々力政彦ライブ

■5月17日(土)
 9:00から通信制大学院の研究発表会にゲスト参加。しっかり手順を踏んで研究に向かっている人が多く、感銘を受ける。
 18:00大学前にゼミ生のゲンとツルの2名と合流。屋根開き式のデミオで福井県の奥の里、上味見までひとっ飛び。ゼミの卒業生である、カワちゃんが地域のNPOに就職して頑張っているのだ。先輩の話を現場で聴きたい、ということで、簡単なゼミ旅行である。
 22:00前くらいに、NPO法人自然体験共学センターに到着。センターはかつての小学校を利用したもの。昭和30年代くらいまでは、全校で2〜300人の子どもがいたというが、今は村にはほとんど子どもはいない。村に子どもの姿があるのは、この共学センターが企画する自然体験イベントに、都市部から子どもがやってくるからなのだ。このセンターの活動は、地域のさまざまな活動に陽性の影響を与えているように思えた。
 23:00前くらいから家庭科室で一杯。理事長のツジさんからいろいろなお話をうかがった。途中から記憶なし。

■5月18日(日)
 今日はイベント「森の喫茶店」の日。小学校の裏の畑だったところにテントとテーブルを置いて、お客様をお迎えする。一緒に木工をしたりもするのだ。晴れ渡ってかなり暑くなったが、裏の森のツリーハウス(これも一昨年、カワちゃんが設計して子どもたちみんなで造ったものだ)は涼しい。森の喫茶店からツリーハウスに行くために渡る小川では、水辺の雑木の影で名も知らぬ小さな蝶が無数に舞っていた。準備にいそしむみんなに申し訳ないと思いつつ、ふらふらの頭でツリーハウスによじ上って、少しうつらうつらした。
 11:00くらいから親子連れがぼちぼち来始め、お昼頃には結構な賑わいになった。子どもたちは一生懸命のこぎりや小刀を使って、工作に集中していたようだ。喫茶店のテントの周りで、ごくテキトーに口琴&ホーメイのバスキング。口琴はユーモラスな音色もあって、子どもたちの興味をかなり引いたようだった。竪琴でひびきを楽しんだり、最初のプログラムにはなかった音楽遊びも始まった。
 13:00から1時間ほどかけて、ツジさんが村の各所を案内してくださった。風景と暮らしの関わりが少しずつしみ込んでくる感じがした。村が自分にとって少しだけ親しいものになったように思った。14:00辞去。17:00過ぎに京都に着いた。


 そのあと19:00から都心の堺町画廊で等々力政彦さんのトゥバ音楽のライブを聴いた。演奏の間のスライドショーとトークも極めて興味深いものだった。トゥバ共和国外に住むトゥバ人の言語と文化についてのフィールドワーク報告(等々力さんは東大東洋文化研究所に在籍する研究者でもあるのだ)であった。100年の間に3回も言語が変わっていった地域の逸話など、母語とナショナルアイデンティティについての幻想を打ち砕かれる思いがした。ライブには、ホーミーバーの主催者で「詩のボクシング」の有名朗読詩人でもある池上宣久さん、佛教大学の小野田先生、ホーミー&馬頭琴奏者の岡林立哉さんなど、斯界の著名人の姿も見られた。京都精華大学口琴部(!)の2人とも再会した。
 造形作家で楽器職人(エレキ馬頭琴!)のオカモトコージさんのご紹介で、ライブ後の晩餐会に混ぜていただいた。一昨日からの疲労のせいか、ビール1杯で朦朧としてしまった。判然としない心持ちのまま、日が変わる頃に帰宅。翌日も早い。
[PR]
by kotoba1e | 2008-05-20 11:31 | まち・地域・場所

近況

 ばたばたしていて中々書き込む時間がない。とりあえず近況を報告します。


■5月7日(水)
 仕事のあと大阪へ行き、NPO法人近畿水の塾の事務局会議に出席。先の淀川水系流域委員会への国土交通省近畿地方整備局の対応について、市民団体としてどのような意思表示をすべきなのか、議論した。僕が事務局をやっている「桂川流域ネットワーク」は何らかの声明を出そうと考えているのだが、それと連携するかどうかといったことも。
 結論としては、委員会、国交省双方の話を公開で聞く場を設けよう、ということになった。近畿水の塾らしい、いい結論になったと思う。多くを考えさせられ、学んだ晩となった。

■5月8日(木)
 仕事のあと、山猫さんと歩き酒、のはずが結局店に入ってしまった。途中で京大の敷地に迷い込んでホーメイをうなったりもした。入ったのは元田中の「畑の見えるカフェ・おいしい」。それにしてもここの野菜料理は美味しい。ついつい酒が進んでしまうことを除けば最高です。

■5月10日(土)
 昼から亀岡市文化資料館で、「天若湖アートプロジェクト」の打ち合わせ。少しずつ今年の姿が見えてきた感じだ。

■5月11日(水)
 朝からいろいろあったが、夕方から上の子と高槻へ。「カフェコモンズ」で開催された、岡林立哉さんのライブを聴きに行ったのだ。岡林さんは馬頭琴とホーミーの名手。古いタイプの革張り馬頭琴はこの人ならではのもので、木のものとは違った優しい音が刷る。ホーミーの音色の強さも素晴らしい。この人の演奏を聴いていると、なにかと対比的に語られがちな、モンゴルの「ホーミー」とトゥバの「ホーメイ」の間に、そんなに大きな差はないような気がしてくる。
 子どもは、ゲストで参加したムックリの名手、長根あきさんがお目当てだった。上手い人の生演奏をたっぷり聴き、いろんなことを教えてもらったので、たいそう嬉しそうであった。ムックリは奥が深い・・・。
 「カフェコモンズ」はNPO経営のバーである。場づくりの試みとして面白いと思った。見習いたい。

 明日13日は大変忙しい日だが、夜は大阪で池上宣久さん主催のホーミーバーがあるので、これは行かなくてはならないと思っている。

ムックリとはこんな楽器です。
http://ch06905.kitaguni.tv/e130631.html
[PR]
by kotoba1e | 2008-05-13 00:02 | 日々のあれこれ

今ここに在る音に触れる

 平川さんが感想を寄せてくださった、元テキストをアップすることにしました。
 詩誌「tab」第9号のあとがきとして発表したものです。


 「直観音楽」というのをやっているグループに参加する機会を得た。それは、シュトックハウゼンが書いた詩のような指示のみに従って、グループで音を出すというものだ。それは謎めいた指示ではあるのだが、その実践を試みると、音についての感じ方、考え方は確かに変わってしまう。これについて書き始めると長くなってしまうのだが、シュトックハウゼン自身のこの言葉が、その経験を最も雄弁に語っていると思う。
「正しい持続を感得しようとすれば、人は自動的に音のあらゆる性質(音高、音色、強度、順序や音群や音塊における位置)を考慮に入れるものです。そしてもし機械的で音楽外的な音の操作から自由になるならば、この録音のように、有機的で、解き放たれた時間が生起するのです。音が時間の中に存在するのではない。むしろ時間が音の中に存在するのです。」
 時間変数tによって記述されるものではなく、まさにそこに「在る」ものとして経験されるのだ。過ぎ去ってしまうメロディではなく、「今ここに在る」ものとして、手で触れてテクスチャを感じ取れるモノとしての音。
 これは、詩人がいつも言葉に移し替えようとしている、「謎」だとか「彼岸的なもののあらわれ」といったものに、とてもよく似ているように思われるのだ。
 僕に詩が訪れにくくなったのは、そういう「在るもの」への経路を、詩以外に持ってしまったからなのかも知れない。
[PR]
by kotoba1e | 2008-05-11 07:38 | 音楽のことなど

黄金週間2008

 ゴールデンウィークも終わり。いろいろ用事は飛び込んできたが、休日出勤はせずに済ました。結局旅行にも行かなかったけれど、それなりに良い休みの日々だった。

■5月3日(土)
 昼。新大阪で十数年ぶりにAさんと会う。Aさんは大学時代に自然環境系のバイトをしていたころの相方。いろいろな植物の名前を教えてもらったりした。うちの子どもが吹奏楽に興味を持ち始めて、お父さんが子どもの頃使っていたトランペットが見たい、という。そういう訳で、これまで預かってくれていたAさんが、大阪の用事のついでに持ってきてくれたのだ。
 新梅田食道街のやたら混雑した定食屋で昼食。ナビオ阪急の木陰でホーメイと口琴の手ほどき(最近はこればっか)の後、紀伊国屋書店前のテーブルでビールをいただいた。懐かしいという気持ちもどこかにあったはずなのだが、当人の全然佇まいが二十年前とあまりにも変わらないので、却ってそういう気分にならなかった。眼鏡の向うのくるくる動く眼も相変わらず。「いつもの」という感じの世間話が楽しかった。トランペットのお礼に、小さなベトナム口琴を一つ差し上げた。
 「埃かぶっちゃってて、ひどいよ」と言われていたトランペットだったが、少しこすったらぴかぴかになった。子供たちは大喜びである。妻がはまったのは少々意外だった。この日より、風呂場から変なロングトーンが聴こえるようになった。

■5月4日(日)
 上の子が、友達と大原に「取材」に行くという。なんだかよく判らないが、付き添い兼運転手として、小学生4人と朝から大原に行った。
 怖がらせてやろうと思って、邪身に変じて祟りをなした女「おつう」の胴体が埋められているという場所へ行ってやったら、その説明看板に、「5月4日の「江文祭」ではおつうの供養が・・・」という文字があり、今日が祭礼の日と判明。急転直下、取材対象は大原地区の氏神社「江文神社」と「江文祭」に決定した。
 三千院や寂光院に比べると、格段に知名度の低い江文神社だが、やはりお祭りの見学人にもほとんど観光客はいない。それがいいのだろうとも思った。いつもお世話になっている村の人々が、装束を身につけてなかなか格好良く、ぴたっと絵になっている。人間って歴史的な存在なのだなと思わされる。一部簡略化もされているようだったけれど、お旅所では、若者たち全員が椿の葉を口にくわえていたりして。地域固有の伝統も色濃く残っているようだった。9月1日の八朔祭にも行ってみたいと思った。
 先生から借りたビデオカメラで、いろいろ撮影している。お祭りの取材なのだが、道端のキノコも録ったりしている。「これはアミガサタケといって、バター炒めにするとおいしいそうです」とのこと。
 大原の川沿いのムックリ作り用に竹を拾ったが、虫食いがひどく使い物にならなかった。
 帰ったら妻が風呂でラッパを吹いていた。ビデオは軽く編集してDVDにした。給食の時間にみんなで見るらしい。

■5月5日(月)
 上の子(小6)がアイヌ音楽にはまっていて、ムックリ(アイヌの竹製口琴)作りにつきあう。昨日拾った竹が駄目だったので、ホームセンターで売っていたヒノキの平棒を使ってみたが、必要な「しなり」が確保できず失敗。竹ものさしも使ってみたが、振動弁を切り出すことができず、2人とも失敗した。
 夜は「仮面ライダーV3」のビデオを見た。雨も降っていて、子どもの日にしてはぱっとしない一日だったが、最後の手巻き寿司でなんとかなった感じである。

■5月6日(火)
 仕事が気になり出すが、ムックリにカタをつけてから集中することにする。
 早朝、再度大原まで行き、地元の染織家上田さんと話をして新鮮な竹を入手。帰りにホームセンターでイトノコと万力を購入。万全の構えでムックリ制作に突入。
 息子は不細工ながらもぶんぶんなるのをいきなり作った。こちらのは形は整っているもののうんともすんともいわない。くやしいので、子どもが友達のところに行ってしまった後も竹を割っては切れ目を入れ、磨いていた。少し音が出るのもできたが、今日は既にもう残り少なである。妻のトランペットは、「ドレミファソ」まで出るようになったようす。

こうやって見直すと、口琴に支配された4日間でもあったようだ。
[PR]
by kotoba1e | 2008-05-06 23:56 | 日々のあれこれ