<   2008年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ゾルタン・シラギー作「KHAN」

 昨日29日、民族楽器コイズミにて、ハンガリーの名匠ゾルタン・シラギー師による口琴、「KHAN」を購入した。
 これまでインドのモルシンなど、弁の硬いタイプのものを多く使ってきたのだが、豊かな倍音と余韻を持つ、柔らかめの弁を持つ口琴が欲しくなってきていたのだ。
 「KHAN」は小振りながら、声門を開けてやるとかなり力強い低音が出る。その際の音の粒立ちの見事なものだ。一方で高い倍音は澄んでいて美しい。なにより舌の動きに鋭敏に追随して響きを変えてくれるところが嬉しい。できることなら何もせずに、死ぬまでずっと演奏しつづけていたいような気持ちにさせる楽器である。
 当分はまりそうだ。
b0139835_11204818.jpg

[PR]
by kotoba1e | 2008-04-30 11:12 | 喉歌入門記

天台声明

 京都造形大学の劇場「春秋座」にて、天台声明を鑑賞。「日本芸能史」という連続講座の一環なのだが、特別に聴講させてもらった。
 大僧正即真尊龗師率いる僧侶は他四名。そこから立ち上ってくる声はその人数を超えるものだ。声と声の間に、低い笛のような声が揺れていたりする。これは倍音のなせる技なのだろう。
 緩慢な声のゆらぎにあわせて、身体の中の何かが動いている感じがした。声の抑揚が高まっていくと、神経管かなにかの細胞の鞭毛が一斉に上の方を向く、というような感じだ。たまりません。
 あえて響かないように作られた銅鑼(鐃(にょう))などの打楽器は不思議だ。
[PR]
by kotoba1e | 2008-04-28 23:00 | 喉歌入門記

文化フォーラム「みんなでつくろう亀岡学」

 4月26日、亀岡市文化資料館で開催された、「文化フォーラム『みんなでつくろう亀岡学』」に出席した。これは、3月から開催されている同館の企画展「みんなでつくろう亀岡学」展に併せたもので、亀岡の自然・文化を流域の観点から見直そうというコンセプトで、関わっているさまざまな団体に呼びかけて開催されたもの。私は「天若湖アートプロジェクト実行委員会」として出席した。
 13:00に黒川館長の挨拶があり、その後それぞれのグループの映像資料が上映された。活発なディスカッションを経て16:30に閉幕となった。
 参加していたのは、「天若湖アートプロジェクト実行委員会」の他、「桂川流域ネットワーク」、「NPO法人プロジェクト保津川」、「カッパ研究会」、「京都学園大学歴史民俗研究会」、「NPO法人亀岡人と自然のネットワーク」といったグループから参加があった。
 印象に残ったのは、書き言葉に残らない、地域の人々の「語り」に顕われるものをどう救いあげ、地域の風景や環境の保全に活かしていくか、という京都学園大学の佐々木高弘先生の問題提起だった。そしてそうした「語り」を、公式の計画言語に載せていくことの難しさも話題になった。むらの一人一人の中にある主観的な環境像とその意味というものは、行政や資本があつかう客観的・一般的な計画言語に載せたとたんに、何かが蒸発してしまって、その本来の生き生きした性格が失われてしまうということは、いつも感じてきたことだし、またそういう行政側がお膳立てした場では、そういう言葉は語り出されにくい。
 天若湖アートプロジェクトが「あかりがつなぐ記憶」やっていることも、そうした「語り」の励起に他ならないのだと思った。またこれは、行政でも商業系でもない、市民セクターでなくてはできない仕事なのだとも思った。

 終了後は亀岡駅前の「ますや」で交流会。口琴とホーメイを披露したところ、京都学園大学の学生さんたちに少しだけ尊敬されたようす。芸は大事です。
[PR]
by kotoba1e | 2008-04-27 00:00 | まち・地域・場所

白河総合支援学校エデュトーププロジェクト

 4月25日、銀閣寺にほど近い「白河総合支援学校」での打ち合わせに参加した。
 1年程前から、ここのプールのコンバージョン計画に関わっている。老朽化して補修もできない状態のプールを、地域との交流の場としてリデザインする計画だ。
 学校の農園芸科に非常勤で関わられている、日吉町は胡麻の農業リーダー、橋本さんの紹介で、天若湖アートプロジェクトのメンバーが参加している。ランドスケープ・デザイナーの石田知紀さん(アイ・プラス・デザイン)、京都大学大学院農学系研究科で農業施設の研究・教育をされている木山正一さん、参加型アートプログラムにくわしいさとうひさゑさん(NPO法人アートプラン・まぜまぜ)といった面々だ。
 総合支援学校の先生方の情熱とアイディアが素晴らしく、いい感じで計画は進捗している。
 プールだったころの記憶を空間的な痕跡に残しながら、まったくあたらしい爽やかな場所ができそうだ。今年度は、実施プロセスに入る。面白くなりそうだ。
[PR]
by kotoba1e | 2008-04-26 00:00 | まち・地域・場所