<   2008年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ネルグイ&クグルシン

 京都は今日も午前中は吹雪いていた。昼いちで子どもの学習塾の保護者会みたいなのに行ったが、これについてはあまり書きたくない。学校の教科書が易しくなったと言われるが、子どもは一層大変になっている。学校がまた難しくなれば、それはそれでまた大変になるのだろう。

 まあ、それはおいといて、夕方から烏丸御池近く、と言ったら怒られそうだな。堺町姉小路と言えばいいのだろうか、にある「堺町画廊」にて、モンゴルから来られたネルグイさんとクグルシンさんのライブを聴きに行った。
 ネルグイさんは馬頭琴の名手。クグルシンさんはドンブラの名手である。クグルシンさんは、カザフ系の方で、このドンブラという楽器も、トルコのサズにそっくりである。サズが三弦(×2)で複雑な倍音を発生するのに対して、このドンブラは2弦。ギターの1/3の弦しか持たないのだが、その表現力には恐れ入るばかりである。
 ネルグイさんの馬頭琴の演奏は力強く味わい深いもの。ご存知のことと思うが、馬頭琴も2弦の擦弦楽器である。指の当て方によって複雑な倍音を発生する。ネルグイさんの演奏を聴いていると、これが日本の楽器でないのが不思議に思えてくる程に、懐かしい感じがする。尺八の代わりに馬追唄の伴奏に使ってもいいようにさえ思われてくる。「汽笛一声新橋の〜」の鉄道唱歌が、モンゴルで愛され民謡化しているというのもなんだか不思議だが面白く思われた。
 クグルシンさんの弾き語りは、そういう我々の身内的な泥臭さから少し離れた感じ。むしろヨーロッパの民謡や、アメリカのカントリー音楽に通じる軽やかさを感じた。
 同じ国にいながら、このお二人は数千キロを隔てて暮らしており、一緒に演奏することはほとんど考えられないとのこと。それがこの異国で可能になったというのは、縁だなあと思った。終演後一段落した後、コンサートに来ていたドンブラの演奏家の日本人の方とクグルシンさんとが、合奏していた。見事なものだった。遠く離れた異国で、自分の暮らしている地方の音楽を愛し、追求している人に出あうのって、どんな感じだったのだろう。
 クグルシンさんとネルグイさんの合奏を聴くと、国境が溶けて流れてしまうような感じがした。
 トゥバ共和国のホーメイ歌手、コンガロール・オンダールと、アメリカのブルース歌手ポール・ペナの交流を描いたドキュメンタリー映画「チンギス・ブルース」というのがあるという。その全編は未見なのだが、断片的な演奏シーンは見たことがある。それは素晴らしいもので、中央アジアの音楽でもあり、ブルースでもあるとしかいいようのないものが、二人の間で生まれていた。音楽というものは、こういう飛び越え方ができるのだと思った。
 それと同じものが、この町家に到来していたのだと思った。

 西村幹也さんによる進行は、軽妙かつ勉強になるものだった。カザフの人々の流浪は1990年代になっても続いていて、それが今生まれる歌と関わっていること、かつてのモンゴルの共産主義の元で、馬頭琴奏法のアカデミック化が進められ、そこで失われたものがあること、ネルグイさんはそれを持っていること、など、考えさせられるところが多かった。
 客席には、若き馬頭琴奏者の福井則之さん、オルティンドーの伊藤麻衣子さん、ダムニェン奏者でもある佛教大学の小野田俊蔵先生の姿が見られた。
 凝りに凝ったエレキ馬頭琴などで一部で有名な造形作家のOkaponさん、三度笠通信の加藤わこさんとお話できたのも良かった。いろんな輪が広がっていきそうな予感がする。
[PR]
by kotoba1e | 2008-02-25 00:36 | 喉歌入門記

歩き酒、天候のことなど

 昨日は京都も暖かかった。朝、家を出るなり春だと思った。
 この一週間控えてきたが、こういう緩みかけた空気の中で歩き飲む酒はこたえられなかろうと、仕事を終えての帰り道、職場近くのスーパーで奈良の地酒「春鹿」の「超辛口」300mlを買った。当然これをあおりながら帰るのである。
 常識と反するようだが、歩きながら空きっ腹にさっと流し込むのがコツである。疏水沿いの桜の下を歩きながら、10分かけずに飲み干してしまう。咲いたころには極楽だろうなあ。貧乏性なのでゆっくり飲んでいるつもりでも、そのくらいの時間で飲んでしまうのである。でも1合半という量だから大事には至らない。酔いの立ち上がりは急速で、ものの見え方が変わってくる。眼球だけが夜の道に浮かんでいるような感じだ。暖かくなったとはいえ、まだどこか緊張している夜の風との間が、和解を始める感じがする。それから風の匂いに敏感になった。ガソリンスタンドのあかりの下を通り抜けるとき、何故だか判らないけれど、何年も前の、大和盆地のあぜ道での宴会の時の、空気の匂いが急に蘇った気がしたのだった。暖かくなって、植物の揮発成分を空気が多く含むようになったからかもしれない。あるいはその日の酒に味が似ていたのかもしれないが、酔っぱらいにとってはそれはどちらでも良いことなのである。くすんだ住宅街の中を、なつかしい香りが漂ってくるのを楽しみながら帰れるだけでいいのだ。
 そしてそれ以上は飲まない。家に着いても、適度に上機嫌である。家の者にもそれほど嫌がられない。だいたい寝るまで高原状態が続いて、適当に醒めかけたあたりで、寝る。
 酒の絶対量は少ないが、酔いの質はかなりいい感じである。室内で飲んでいたら、こういう訳にはいかないだろう。また大人数でも駄目だと思う。
 酒瓶をぶら下げて、ラッパ飲みしつつ、時々金属質の奇声(ホーメイ)を発しているおじさんというのは、必ずしも幸せそうには見えないかもしれないが、本人はかなりいい気分なのかもしれないのである。ほっといてください。

 今日は午後から激しい雪になった。会議からの帰り道は偉いことになった。雪がどんどん眼に入ってくる。こういう日はさすがに冷酒をいただきながら歩く気にはならないのであった。
[PR]
by kotoba1e | 2008-02-24 00:30 | のみものだもの

盆地の黄金

 朝からえらい雪が降っていた。週末の雪よりも粒が大きく、その数も多い。歩道に立って雪を見ていると、手前の雪は横殴りに流れていくのに、その奥の雪は真っすぐに降りてくるのが不思議に思われた。少し歩いてもそれは変わらなかった。
 雨は加速しながら落ちてくる感じがあるが、雪は一定の早さで降りてくる。その降りてくる雪を見ていると、だんだん眼玉が伸び上がっていくような気がした。

 今日は職場で一件会議をこなして、そのあと夕方から亀岡で打ち合わせだった。山陰線にのって保津峡を抜ける。トンネルの間ごとに景色を顕す保津峡にはもう夕闇が迫っていて、なんだか立体感がなかった。山も空気の灰色で、もう夜が近いように感じられた。

 電車が保津峡を抜け亀岡盆地に入ると、景色が一変した。小雪まじりの風を満々とたたえた盆地に低い夕日が入って、風景のすべてが金色に輝いていた。雪の残る里山も家々の屋根も、なによりもその空気そのものが光を放っていて、盆地が内側から照らされているようだった。その景色には影というものが見当たらないように思われた。

 馬堀の駅を抜け、亀岡に着くまでの数分の間、その恍惚は続いていたように思う。亀岡駅の改札の向こうにはぼた雪が降りしきり、すべては灰色に戻っていた。
[PR]
by kotoba1e | 2008-02-13 23:55 | 自然と景色

超体言

 倉田良成さんが送って下さった「『自己表出性』の読みかえ、あるいは古ぼけた議論」と、同じく倉田さんの「言葉の零と『空』」(tab8所収)を並べて読んでいる。世界と言葉のスキマとか距離のようなものについて考える。絶対に届き得ない距離。その間にあった密実なものの流れなど。

 また改めて感想を書きたいが、ここでは読んでいて連想したこと、なんとなく思いついたことを記しておく。

 ひとつは超体言について。世界のパーツをフリーズドライにしてしまって、なんだか判ったような気持ちにさせてしまう体言というのがあるが、今、超体言とでもいうべき新しい品詞が生まれつつあるのではないか。「言葉の零と『空』」で、藤井貞和の「詩的分析」を引く形で形式名詞の罪について触れられていたが、一方で形式動詞「する」「やる」と結合することで、すべての用言を無用にしてしまう、超体言。
 「スルーする」「ゲットする」の「スルー」や「ゲット」は、日本語的には名詞の位置にいる。「ゲットする」というような英語動詞の日本語化の例は昔からあったようにも見えるが、「スルー」の方はもともと動詞ですらない。なにか具体的なふるさとをもたない、新しい名詞の姿がここにあるのではないか。そして、われわれが知っている名詞たちも、その顔かたちのまま、このカテゴリーに急速に流れ込みつつあるのではないか。これによって、世界の書き割り化が一層進んでいるのではないか・・・。
 今に、動詞はすべて「○○する」になってしまうのではないか。KY語辞典の話を聞いたりすると、そんな気もしてくる。

------------------------------------------------------------------------

 「吉本隆明代表詩選」(思潮社)を買った。青春の詩を驚きをもって読んだ。末尾に選者である高橋源一郎、瀬尾育生、三浦雅士の鼎談が収録されているが、高橋の読み手としての理解の深さは相当なものだと感じた。このところのこの人の小説を二篇ほど読んだのだが、この人はむしろ詩人なのではないかとも思った。
[PR]
by kotoba1e | 2008-02-05 23:02 | ことばと表現