カテゴリ:梅小路水族館をめぐって( 6 )

100625京都新聞『私論公論』再録

京都新聞 2010年6月25日金曜日 私論公論

新局面の京都水族館計画
市民とオープンな議論の場を

京都造形芸術大学准教授 下村泰史


 この5月14日、京都市はオリックス不動産(以下「オリックス」という)に対して、(仮称)京都水族館(以下「水族館」という)の設置許可を与えた。本紙の投書欄などでも多くの議論が交わされてきた水族館計画は、新たな局面を迎えることとなった。

 この水族館計画についての批判は多岐にわたるが、大きくは、⑴駐車場や鉄道水族館計画も含む、公園全体と地域の関わりの問題、⑵水族館を中心とした環境教育的展示・運営企画の問題、⑶民間企業による公園施設の設置運営に関する合意形成の問題、の三点に整理できるのではないかと思う。ここでは後二者を中心に考えてみたい。

 京都のまちなかに環境教育施設として水族館を建設することについて違和感を持つ人が多いようだが、京都のさまざま自然環境とその歴史的なりたち、そこでの保全活動などを紹介し、実際のフィールドに繋げていく「ビジターセンター」は有益だ。このようなフィールド連携の視点は、整備構想検討委員会(2008年12月答申)でも議論されている。

 だが、09年12月にオリックスによって発表された水族館計画「水紀行」には、京都の環境については表面的な記述しかなく、そうした議論を踏まえたものとは思えないものであった。事業者側の誠実性に疑問を感じざるを得なかったのは、私だけではあるまい。この計画については地元説明会こそ行われたものの、市民の意見を聴取する機会は設けられぬまま、先の設置許可に至っている。
 設置許可を決定する前に、市は検討委員会の元委員たちに、提出された計画の妥当性について意見を求めている。報道によれば、相当の苦言もあったと聞く。委員長だった森本幸裕京都大学教授は設置許可直後の5月16日、本紙において「森川里海連環の館」の理念を改めて論じ、オリックスの計画に一定の批判を加えている。これらの意見をどのように踏まえて許可の結論を出したのか、市は現時点では十分に明らかにしていない。

 これまでの市とオリックスの対応には問題が多いが、市民サイドにも、市とオリックスを一方的に指弾するような活動ばかりが目立った。中立的で冷静なコミュニケーションの場はこれまで生まれなかったのである。
 04年の都市公園法の改正によって、民間事業者に公園施設の設置運営への門戸が大きく開かれた。この水族館(オリックス)と東京の宮下公園(ナイキ)の事例は、この運用にあたっての市民的な合意形成のためのルールとマナーが整っていないことを示している。首長と企業の恣意でいかようにもなってしまうかのように見えるのだ。

 逆に言えば、梅小路公園再整備の過程で、民間事業者の参加についての市民的な合意を作り出す仕組みを作れれば、それは全国に先駆ける画期的な事例になるはずだ。
 現計画のままでは水族館も公園も中途半端なものになってしまう。作る以上は、京都に生きる人にとって意義あるものとしなくてはならない。そのためにオープンな議論ができる場を、市民セクターとの協働によって創設することを呼びかけたい。「森川里海連環」の理念を実現するには、フィールドからの視点と街に生きる人の声が不可欠なのだから。

 そうした場を通じてこそ、梅小路公園は京都市民にとって一層意義深いものとなっていくだろう


[PR]
by kotoba1e | 2010-06-26 23:01 | 梅小路水族館をめぐって

梅小路公園再整備プロセスを見つめ創る多様な市民の会(2)

 前エントリ 「梅小路公園再整備プロセスを見つめ創る多様な市民の会」については、本ブログコメント欄、twitterのDM、直接の電子メール等で、多くの方からご賛同あるいは応援のメッセージをいただきました。
 まずはこの場にて、お礼を申し上げます。ありがとうございました。

 これからどのように動かしていくかは思案中ですが、コンセプトについて前回うまく書けなかったところを簡潔に書いておこうと思います。

水族展示施設の建設を前提とする


今までの反対運動と最も異なる点です。
この京都の地にふさわしい、この「いのちの森」を擁する梅小路公園にふさわしい水族展示とワークショップの内容を構想します。森本幸裕元検討委員長(京都大学教授)が提唱する「森川里海連環」のコンセプトを軸に、実際のフィールドをつなぐ人的・ソフト的なネットワークが生きるものを考えたいと思います。
現実的には、ハードウェア的には建築工事及びその内装・展示施設工事の変更設計で対応可能なものに限られるかもしれませんが、スピード感のある提案をしていきたいと思います。

公園全体について考える


オリックス不動産による水族館計画に注目が集まりがちですが、京都市側の公園計画にも駐車場問題を含め課題が山積しています。こういった点についても考えていきたいと思います。

先行的な連携と提案


おそらく事業者は、この後市内の学校や市民団体に対して、ワークショップ企画等についての連携を求めてくるはずです。先の第2回地元説明会においても、市より「市民向けのシンポジウムの開催を考えている」旨の発言がありました。こうした事業者側ペースの「普及啓発」の動きに個別に乗ったのでは、これまでの経過をなし崩し的に是認したことになってしまいます。先んじてフィールド間の人的ネットワークをつくり、市民側が自律して動くことが大事だと考えます。

流域の観点


京都の自然環境は「京都市」内だけでは語れません。琵琶湖淀川水系、あるいはその支流である桂川、宇治川といった河川の流域を環境の単位としてとらえ、そこでの自然環境保全と環境教育に携わる人々をつなぐことなくして、「森川里海連環」はありえません。巨椋池や亀岡市など、市外の重要なフィールドとの関わりの場をつくります。

オープンなプラットフォーム


前エントリに記した「3つの原則・7つのルール」を活かし、いろいろな属性、いろいろな所属の方が参加できる議論の場を創りたいと思っています。前記の流域レベル、京都市外のフィールドや人々が関わる場づくりも、市のリーダーシップでは恐らく実現できないものです。また、京都市職員やオリックス不動産、あるいは新江ノ島水族館の技術チーム等の参加も、歓迎したいと思っています。


会のイメージ


これについては、厳密な会則をつくって会員数で云々といった会にはしたくないなあと思っています。運営側は小回りが利く形で、ひとつひとつの場は関心のある人がフリーに参加できることが大事かと思います(議論のルールは守っていただきますが)。
グループの名前については、考え中です。みなさんからのご提案もお待ちしています。
[PR]
by kotoba1e | 2010-05-19 12:00 | 梅小路水族館をめぐって

梅小路公園再整備プロセスを見つめ創る多様な市民の会

梅小路公園再整備プロセスを見つめ創る多様な市民の会(仮称)設立のよびかけ

 昨日5月14日、京都市がオリックス不動産による梅小路公園への水族館建設に許可を出したという報道があった。その際、かつてその計画の妥当性について審議し、「条件を付して妥当」という答申を行った審議委員会の委員にも意見を求めたという。
 報じられているところでは、委員からも現計画について相当苦言が呈されたときく。このブログでも論じた七条入口広場の駐車場問題、京都のローカルな環境についてほとんど理解しているとは思えない水族館の展示計画など、相当な批判があったようだ。15日の京都新聞には、かつて委員会の長をつとめた森本幸裕京都大学教授の辛辣な意見が掲載された。
 しかし、審査権者である京都市は、この水族館の建設に許可を出した。市はこれまで、委員会によって求められていた市民意見の反映のための機会づくりもせず、オリックス不動産の計画の擁護にまわる形で、市民に対しては一方的な説明に終始してきた。また、オリックス不動産に課すことになるであろう土地使用料についても、条例に記載されていないような例外的に廉価なものにするという。今回の「許可」は、こうした市の一貫した態度の総仕上げとも言えるものであった。

 水族館建設に始まる梅小路公園再整備計画は、新しい局面に入った。しかし、委員の間にも現計画に対する異論や批判があることが明らかになった今、事業者である市とオリックスの恣意によって計画が進められてはならないだろう。密室でことが運ばぬよう、市民が常に監視し続け、それについて評価を行っていく必要がある。
 事業者側は、委員の指摘を受けて、一定の見直しを行うかもしれない。また、エクスキューズとして市民意見の聴取や、水族館のワークショップ運営のための(申し訳程度のものかもしれないが)、外部団体との連携を模索し始めるだろう。
 このプロセスを、事業者側のイニシアチブのもとで行わせてはならない。市民側が自律し、先行的にオルタナティブを提示し続けられるような体制をつくって行くべきだ。

 これまでこの問題について、根気よく問題点を洗い出し議論してきた方々には敬意を表したい。しかし、プラカードを掲げてただ反対を叫び、中止を求めるようなタイプの反対運動は、今後はもう有効ではないだろう。誰かが生活の場を奪われたりするようなレベルの深刻な問題が存在しないこの事案では、そうした運動は工事差し止めを求めるほどのリアリティを持ちえないように思われる。本当に必要なことは、別のところにある。

 なすべきことは、この梅小路公園の再整備に際して、(1)計画過程に透明性と民主性を呼び戻すこと、(2)その過程を通じ、今後の民間事業者の公園施設の設置運営のあり方について、一定のモデルを構築すること、そして最も大事なこととして、(3)梅小路公園を、地元の住民にも京都市民にも外部からの来訪者にも納得できる、よりよい公園とすることだ。

 そのためには市とオリックス不動産、場合によっては参考人として審議委員会委員も交えることになるであろう、今後の協議の場に対して影響力を持ち得るような、実践的な計画能力のある組織を立ち上げることが必要である。これまで梅小路公園の動向を見守ってきた多くの市民、梅小路に生まれうる環境保全と環境学習の拠点と連携するサテライト(まずは巨椋池とアユモドキが生息する亀岡市の曽我谷川であろうか)を支えるグループ、具体的な空間を構想する力を持つランドスケープデザイナー、そして良心に基づいて個人の資格で参加する公務員等、多様な人々によるフラットな議論によってのみ、そうした活動は可能になるだろう。あくまでコミュニケーションによって創造的に合意を作り出していくことによって、梅小路公園の計画に高度な公共性を付与していきたいと考える。

 そのために、永年水と水辺環境をめぐるシリアスなやりとりの中で鍛えられてきた、「3つの原則、7つルール(原典:みずとみどり研究会)」(※)を、基本的な約束事として位置づけ、「つるしあげ」のない、セクターを超えた率直かつ創造的な議論が行われる場を設けたい。

 以上、このブログに掲載するために一息に書いた。これまでの経過のまとめ等、不備なところも多いが、これをもって、これまでのプロセスを適切に批判し、梅小路公園のこれからを「見つめ創る」新しいグループの立ち上げへの広範な呼びかけとしたい。(この項、随時改稿します)



 このよびかけの趣旨にご賛同いただける方は、このエントリーにコメントをいただくか、kotoba1e★mac.com まで、メールをいただければと思います。よろしくお願いいたします。
 ご賛同下さった方のご氏名、ご所属につきましては、ご本人が本ブログコメント欄にて名乗られる場合を除き、会の正式な立ち上げまでは公開いたしません。立ち上げ時点で、お一人一人とその取り扱いについて協議させていただくことといたします。

 なお、会の名称につきましても、よりよいものを募集中です。よろしくお願い申し上げます。



(※)3つの原則と7つのルール
3つの原則
・自由な発言、
・徹底した論議、
・合意の形成、
7つのルール
・参加者は自由な一市民として発言する、
・参加者個人の見解は所属団体の公式見解としない、
・特定個人・団体のつるしあげは行わない、
・議論はフェアプレイの精神で行う、
・議論を進めるに当たっては、実証的なデータを尊重する、
・問題の所在を明確にした上で、合意をめざす、
・現在係争中の問題は、客観的な立場で事例として扱う
[PR]
by kotoba1e | 2010-05-16 02:38 | 梅小路水族館をめぐって

オリックス人工海水水族館(3)

水族館の是非論から少し離れて、今の指定管理者である京都市都市緑化協会の運営について、お金の面から見てみたい。

 平成20年度京都市都市緑化協会財務諸表によれば、京都市から協会への「指定管理者受託」費はおよそ140百万円。協会の実事業費は130百万円
 130百万円を蒸気機関車館等を除く一般的な公園部分8haくらいに掛けられているとすると、130,000,000÷80,000=1,625。梅小路公園1㎡あたり1625円掛かっていることになる。
 一方、大阪市の平成21年度ゆとりとみどり振興局経営方針(案)における公園管理費単価の都市間比較の項目を見ると、京都市は物件費は240万円/ha、人件費は140百万円/ha、あわせて3,800,000円/10,000m2=380円/m2である。
ちなみに別の資料によれば(都の監査資料か?)、東京都では平成14年度の段階で都直営の公園で172円/m2、協会委託の公園で103円/m2である。
 先の大阪市ゆとりとみどり振興局経営方針資料(案)によれば大阪市は970万円/ha=970円/m2の高価格体質であることが指摘されている。
しかし梅小路公園の管理費は、この1.7倍と大きく上回るものである。先の京都市の標準的な単位面積当たりの支出額と比較すると4倍程度となる。
 ただし、公園の規模や種類によって管理費は大きく異なってくるので、すべての種類の公園の合計値の割り戻し値である上記数値との単純な比較はできない。
 また「緑の館」「朱雀の庭」「いのちの森」といった特殊施設を持つ公園であることを考えればやむを得ないのかも知れない。
 しかしながら、自主事業収益が160万円程度と微々たるものであり、到底この管理費支出を埋めるものではないことを考えると、なんらかの収益性のある施設を導入すべきであるという議論が起きても不思議ではないだろう(だからといって水族館案を支持するものではないが)。

 今回の水族館整備に併せて支出される駐車場や道路の整備費が2億円にのぼるという話を聞いたが(出典未確認)が、年間維持管理費が1億3〜4千万かかっている公園に、イニシャルとしてその程度の金額というのは、比較的控え目であるという気もする。でもこんな駐車場云々というのは、この公園整備においては本当はマイナーな問題だ。
 私の私見を言えば、本当は水族館と一体的に公園を作り上げる積極的な提案があっても然るべきところだ。それが一切ないところこそ、今回の水族館計画のお粗末さであり、市が批判されるべきところだと思う。金をあまり掛けないからといって無策であることを手柄であるように評価するのはまったく間違っている。

 今回ここに挙げた数字の読み取りが間違っていないなら、梅小路公園は相当の金食い虫である。暴論だと思うが、「緑の館」と「朱雀の庭」を数億の撤去費をかけて広場にしてしまうという考え方だってあるだろう。水族館絶対反対の方々はどう思われるだろうか。
[PR]
by kotoba1e | 2010-04-09 00:42 | 梅小路水族館をめぐって

オリックス人工海水水族館(その2)

 京都市の梅小路公園について。どうも頭がまとまらないところがあるけれど、続きを書いてみたいと思う。反対する声の中にどういうものがあるのかを拾い出してみると、
(1)公園が食いつぶされる
(2)京都に水族館を作る必然性がない
(3)イルカショーがよくない。動物虐待的である
(4)人工海水の処理よる環境負荷
(5)展示コンテンツの陳腐さ
(6)公園全体計画について

といったところに集約される。今回は民間事業者による整備ということで、税金の無駄遣い的な批判はあまり聞かない。そのかわり、民間事業者がなぜ公園で、というところが、結構みんなひっかかっているところなのだろうと思う。

 (1)「梅小路公園が水族館になっちゃう! 緑を守れ!」という人が多いが、水族館そのものの相当部分は現在未利用の部分にかかっているので、今の公園スペースが大々的に食いつぶされるということはない。芝生広場や「朱雀の庭」、「いのちの森」などは温存される。建物も3層程度なので、12mくらいだろうか。周囲の建築に比べて特に圧迫感があるとは言えないが、「ひろびろ感」は若干損なわれるだろう。北側の倉庫群や社宅群が公園内から見えなくなることについては、両論あると思うけれど必ずしも否定的な効果だけではないと思う。

 (2)の必然性の議論だが、これについては市側は「海がないから作るんだ」ということらしい。この都市にふさわしいかどうか、似つかわしいかどうかという議論は難しい。京都市にはサバンナがないから動物園を作る必然性はない、という言い方たぶん成立しない。「必然性」や「文脈」というのは大事なのだが、どう読解したかが大事なのだと思う。はっきりしない「京都らしさ」によりかかることにも、危険なところがあるだろう。この議論が難しいのは「京都らしさ」の問題があるからだが、これについてはここでは論じきれない。

 (3)いろいろ議論が出ているのがイルカショー。これを悪趣味として批判する人が多いようだ。条約違反で国際的にも非難されるかもというのもあるようだ。イルカショーを批判する理路は確かにあるのだろうと思う。ただ国民と京都市民の間には、日本の捕鯨を激しく非難する外国の人々に対する反感もあるし、世間でのイルカショーの人気も考え合わせると、この点からの批判は、市民的な応援は得難いかも、という気がする。

 (4)の「人工海水」についてはよくわからない。よくわからないが飼育される生き物にとってかなり不自然な環境であることは間違いないと思う。こういう技術とエネルギーでなんでもかんでも克服支配しようという考え方が、環境教育と親和的でないのは明らか。

 (5)京都市とオリックスの両方で、水族館の企画書がダウンロードできるので、ご確認を。一読してその陳腐さに失望した。京都に作られる新しい水族館としての志は全然感じられない。京都の地域環境については「山紫水明プラザ」というのが用意されているようだが、琵琶湖淀川水系の淡水魚関係の問題については何も触れられていない。多分何も知らないのだろう。琵琶湖博物館の水族展示が、ローカルな固有の環境と世界の水環境とを関連づけながら、博物館全体の地誌から文化に至る展示ともうまく繋げているのに比べると、ひどくお粗末である。
 研究企画機能について何も触れられていないのも気になる。ワークショップをいろいろやるようなことが書いてあるが、そのためにはちゃんとした研究と企画が行われる必要があるし、そのためのスタッフがちゃんと顔の見える仕事をする必要があるのだが。
 総じてどこかで聞いたような「エコ」用語で粉飾されてはいるけれど、まるで中身が無い。急ごしらえの印象である。

 (6)先に水族館の建築自体は公園をそれほど食いつぶさないと書いた。しかし、関連施設が出てくると話は変わってくる。3月13日の京都新聞の報道によれば、現在の七条入口広場を「緑の駐車場」に整備するのだという。この公園は東側と北側で道路に開口している。周囲の商店街など地域振興を図るなら、この北側開口部である七条入口広場は街に開く空間として最も大事な場所である。現行の広場もよくできているとは言えないけれど、いろいろなイベントに使える舗装されたハードな都市的な広場になっている意味はある。水族館ができたとしても、この場所は水族館と街をつなぐ重要な場所であるはずなのだが、水族館の集客計画は、ここを駐車場化するということと一体なのである。「緑の駐車場」と銘打ち、よくわからないイメージバースが付されているが、人が行き来しやすい場所になろうはずがない。
 現在の、七条入口から「緑の館」にいたるビスタと動線は破壊されるだろう。これによって梅小路公園の空間骨格は完全に変わってしまう。それは地域活性化とは逆の方向を向いたものになっていることも含め、破壊的なものだと思う。

 私としては水族館としての内容の無さと、公園全体をずたずたにする公園再整備計画とから、この水族館計画に反対である。

 ところで、これがオリックス不動産が自前で用意した土地に建設する、完全に民間の水族館であったら、このような反対運動は起きただろうか。根拠はないけれど、この場合には「京都にはいらない」という議論は起きなかったのではないかという気がしている。民間企業の普通のお商売であるから。それならば、家族連れがそこそこ喜んでくれる展示企画で、特段の問題はないだろう。
 これが公共空間である公園において行われるというところに、多くの市民が違和感を感じたということだと思う。都市公園に水族館があるというのは、上野恩賜公園やしながわ区民公園など、割とポピュラーな在り方である。もともと水族館は都市公園法施行令第5条第5項の教養施設に昔から列挙されている正統的な公園施設なのである。しかし、公共の教養施設であれば、そこで行われる展示や企画は一定の公共的意義を持つものとして行われなくてはならないだろう。市民による流域環境づくりが盛り上がってきている今、本当は水族館はすごく期待される施設でもあるはずなのだ。もっともそういう水族館はしかるべき場所に、しかるべきパートナーシップのもとに建設、運営されなくてはならないだろう。オリックス人工海水水族館は、このあたりの見識を欠いたところに大きな問題があると思う。

 ハコもの批判の形をとる反対意見も多いように思われるが、京都は必要なハコも作ってこなかったではないかという気もしている。滋賀の「琵琶湖博物館」、兵庫の「人と自然の博物館」など、地域の自然環境と人間活動の関わりの歴史を市民に伝えていこうという、新しいタイプの自然史博物館が近畿各県に生まれ、多くの成果をおさめている。大阪市の自然史博物館も恐竜主役の博物館からそちらに舵を切ったようだ。その中で京都だけがそういうものを持っていない。周りの自然環境がなければ京都文化はなかったというのに、それを学ぶ場がない。皮肉なことに京都大学など、自然と人間の関係についての学的人的蓄積ということでいえば、京都は凄いものを持っているのに、それを市民が共有できる基盤となる施設と組織がないのである。フィールドミュージアムとかエコミュージアムとか、いくら言っても絵に描いた餅である。人のいるコアミュージアムがなければ。
 木津川〜淀川のイタセンパラや桂川のアユモドキなど、市民が学んで取り組むべき水族的課題はあるのである。「京都に水族館は要らない」と威勢良く言い切ることはできないと思う。

 ところで、市民的な良識のかたちをした反対意見の底に「よその不動産屋が京都を荒らす」という、どこか排他的で差別的なものがまったく含まれていなかっただろうか。私たち自身少し考えてみるべきなのではないかという気もする。

 というわけで、私自身はこの計画に反対だけれど、巷の反対論についても微妙な違和感をいくつか感じているということなのであった。



京都市による説明資料「梅小路公園の再整備に当たって
オリックス不動産による(仮称)京都水族館説明資料
京都新聞「京都市が再整備案 緑化駐車場新設 水族館計画の梅小路公園」2010年3月13日(土)

水族館計画の梅小路公園再整備案

[PR]
by kotoba1e | 2010-03-17 17:23 | 梅小路水族館をめぐって

オリックス人工海水水族館(その1)

 このところ京都新聞の投書欄を見ていると、京都駅にほど近い市の総合公園「梅小路公園」における水族館建設構想についてのものが多くみられる。それだけ多くの市民の関心を集めているということなのだろう。
 今度の水族館建設計画の特徴は、市が管理運営する公共施設である公園の用地に、民間企業であるオリックス不動産が「建てたい」と提案してきたということだ。これに対しては、「なんで?」と思っている市民は多いと思う。にも関わらず門川大作市長は大乗り気のようだ。そうこうするうちに経緯や計画について市民にはっきりした説明がない(検討委員会やパブリックコメントは一応あったのだが)まま、先日敷地に工事看板が立てられてしまった。
 私自身は、計画内容も十分明らかにされていない「人工海水水族館」について、十分な市民的な合意が得られていない状態で強行するのは、いただけないと考えている。どちらかと言えば、現時点では反対の方に属する。ただ、twitterなどで強硬に反対している人々の発言を聞くと、かなり根拠薄弱な思い込みによるものが多い、こんなこと言ってたらむしろ勝てないな、と思う。
 それについて検討しようと思いますが、眠くなって来たのでまた明日・・・。

b0139835_0531782.gif

2009年7月16日京都水族館(仮称)整備構想検討委員会答申書所収の平面図

[PR]
by kotoba1e | 2010-03-10 00:59 | 梅小路水族館をめぐって