近況

■5月16日(日)
 伏見区で行われた草津港鱧海道まつりへ。桂川の羽束師の辺は、かつて大阪湾から舟で運ばれてきた鱧が陸揚げされる港だったという。今はその面影もないけれど、そのことを思いだして川に関心をもってもらおうということで行われたイベント。知り合いもいろいろ参加しているので見に行ったのであった。
 地元の中学校高校のブラスバンドあり、もちつきあり露天あり。鱧をおろす実演ショーがあって、一切れ湯引きしたやつをいただいた。梨のような香りがあってびっくり。みそ汁の出汁にするといいよということで、頭を一ついただいた。細面のうつぼといった感じか。
 摂南大学チームのEボートにも乗せてもらった。水面に出るのは気持ちいいものだ。
b0139835_8422957.jpg

 いろいろな人と再会したり出会ったり。明るいテントの幕の中だと、夜の会議室とちがった感じで話しが動くから面白い。川辺という場所でのコミュニケーションについて一瞬考えたりした。

■5月17日(月)
 天候不順によって延期になっていた、比叡山登山を実施。30人中一人の落伍者も出なかったのはよかった。健脚たちとの下見のときと、結局あまり変わらないペースで登りきってしまった。小股のナンバ歩きを試みたところ、ものすごく楽に上ることができたのも発見。
 前回とはちがうツツジが咲き乱れていた。極楽。美しく見えるここにも、木の間を見ると空き瓶が沢山落ちていたので、みんなで集めて鑑賞した。古い瓶が語る比叡山観光史。
b0139835_8292612.jpg

 大学に戻ってから、いろいろ打合せ。ワークショップ助手のS河邉君と、コカコーラ×メントスの実験を試みたが、思ったような噴射はみられず。シャボン液をまぜたらいいもの見られるのではないかと思ったのだったが・・・。

■5月18日(火)
 京都市の道路明示課に、焼いていただいた道路現況図(1/500)を受取りに行った。大縮尺の都市図でなにかと便利である。今回は梅小路公園の模型を作ってやろうと思い、その資料として入手した。道路については最新の測量成果が活かされている(ような)のだが、街区内の情報は更新されていないのが玉に傷。公園内部の地形植生についても詳細な図面がほしいところ。
 夕方からは天若湖アートプロジェクトに志願した学内チームの学生たちとミーティング。映画「阿賀に生きる」と「柳川堀割物語」を紹介。後者を視聴した。

■5月19日(水)
 午前中は梅小路公園についてあれこれ。ブログに書き込んだりした。
 昼一職場で一件会議。課題は次回送りということであっというまに終わる。
 その後は白川総合支援学校エデュトープ会議へ。今年度の第1回ミーティング。学校の先生方の顔ぶれにも、少しだけ変化が。今年の工事はウッドデッキになりそう。どういう構造にするか、みんなで頭をひねった。この場所の活かし方も課題。
 会議も終わり日が暮れてから、「ひとまち交流館京都」に直行。桂川流域ネットワークの定例会である。この日は京都府河川課の方をお招きして、府の河川整備計画のプロセスについてお話を伺った。
 紀要原稿には手をつけられず・・・。
b0139835_2340461.jpg


■5月20日(木)
 朝一番から一日かけて、天若湖アートプロジェクトの関係機関に挨拶回り。さとう新実行委員長と走り回った。6年目になるとさすがに浸透してきていて、どこも好意的に遇して下さった。ありがたいことである。
 夕方からは、同プロジェクトの実行委員会。この一月間の部会報告と出てきた課題について。結構いい感じで動いているが、企画部門のマンパワー不足も見えてきた。
 帰って飲んだら、バタンキュー。このエントリ更新中に寝ていたようだ。
[PR]
by kotoba1e | 2010-05-20 23:40 | 日々のあれこれ
<< 近況 梅小路公園再整備プロセスを見つ... >>